BLOG
ブログ

チルチルミチルからのお知らせ・日々の出来事・
アウトプットの場所として日々更新しております。
時々地元クリエイターとのコラボブログもやってます!

今、巷で話題のUber Eatsを福岡で頼んでみた

2

みなさまこんにちは。食べることと通販大好き、EC担当2児の母ワカマツです。

気温が上がったり下がったり、もう冬なのかまだ秋なのかよくわからない日が続いておりますが、みなさま体調など崩されていないでしょうか?

チルチルミチルでは毎週金曜日に全員一緒に昼食を食べながら交流・質問をする“ランチミーティング”という時間を設けています。

先週のランチミーティングの日は奇しくも福岡で「Uber Eats」が始まった翌々日…。これはウェブサービスに関わるものとしては頼んどかないといけないでしょう!

ということでUber Eats頼んでみました。

Uber Eatsって何?

まず、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」ってご存知ですか?

Uber Eats は、地元のお気に入りのレストランのおいしいお料理を配達するサービスです。 手順は配車の依頼と同じく簡単です。 Uber Eats アプリには地域のレストランや料理が幅広く揃っています。 地元のお気に入りの料理を食べたいときに、豊富なメニューから選んでいつでも注文できます。
Uber Eats とは何ですか? | UberEATS 利用者向けヘルプ – Help | Uber

↑が公式の説明なのですが、簡単に言うとUber Eatsに登録しているお店に配達の注文をするとUber Eats配達員として登録している一般の方が指定した場所まで届けてくれるというサービスです。

Uberというアメリカの企業が、ウェブやアプリからのタクシーの自動車配車サービスを提供したのが始まりで、Uber Eatsは食べ物の配達に特化したサービスのようです。
(ちなみに日本だといわゆる「白タク」が禁止されているので、ハイヤーが配車されるようです。)

今回は、そんなUberが提供するUber Eatsの料理を注文してから届くまでをレポートいたします!

 

注文から届くまで

今回はスタッフの投票により平尾のジョティ(Jyoti)さんでインドカレーを頼むことに!

Uber East内のお店のページはこんな感じ↓

う〜ん!写真の段階で美味しそう!

今回私は「ミックスベースカレーセット」の「チキンマサラ 激辛」を頼むことにしました。
『激辛と言ってもそこまでの辛さじゃないでしょ〜』と言っていた私はこの後痛い目を見ることになります…。
その話はまた後ほど。

 

ちなみに、ジョティ(Jyoti)さんではセットドリンクでラッシーが選べます。やったー!

他のスタッフのオーダー内容もポチポチ。注文!
注文完了するとアプリで↓の画面が表示されます。

領収書画面もアプリ内で見れます!
アプリだけでなく、メールでもPDF形式の領収書が送られてきました。(激しく文字化けしていましたが…。)

 

そして↑の画面の「配送状況を確認」をタッチすると、お店から指定した届け先までのマップと到着予定時間が出ます。
この到着予定時間、かなり早く見積もられてるようです…。

インドカレーに思いを馳せて待っていると、iPhoneに「そちらに向かいま〜す」という通知が!

アプリを開くと配達員さんの情報も表示されました。
今回の担当はTakeshi(仮)さん。自転車で届けてくれるようです!
マップの中の赤丸部分に小さな自転車に乗った人のアイコンが表示されています!芸が細かい。
この画面から配達員の方にメッセージも送れるようでした。配達員さんが迷った時とかにこの機能でやりとりするんでしょうか?

ちなみにPCの配送状況画面は↓のような表示でした。

マップの中で着実にこちらに向かってくるTakeshi(仮)さんを今か今かと待ちかまえていると、少しマップの中で迷っている様子のTakeshi(仮)さん…。

(リアルタイムで配達員さんの場所が分かるのはすごく便利ですが、配達員さんの立場からすると迷ってるのが注文してる人にバレてるのは少し恥ずかしいですよね。笑)

そして、無事到着!
今回のカレーたちはビニール袋に包まれてやって来ました。

 

そして、初めてのUber Eatsの配達員さんをそのまま帰すはずがなく、「すみません、Takeshi(仮)さん!写真撮らせて下さい!!」と図々しくもお願い。
すると、お忙しいであろうTakeshi(仮)さんは「いいですよ〜」と撮影OKしてくださいました!優しい!

大量の注文でも運べるように宅配バッグはかなり大きめサイズのようです。
ちなみに、Takeshi(仮)さんは隙間時間で配達をされているそうです。
もっと色々聞きたかったのですが、お忙しい所これ以上引き止めるわけにもいかず、Takeshi(仮)さんをお見送り。
ありがとうございました〜!

 

いざ実食!が、ハプニング発生!?

さあ、カレーが届いた!食べるぞ〜!と盛り上がっている所、ハプニング発生!

1つしか頼んでいないはずの激辛が2つ入っている…!!
トマトベースカレーは辛口と普通しか頼んでいないはずなのに…。
しかも、普通味を頼んだスタッフは辛いものNG!これはピンチ!

ひとまず、お店に電話。

若 「すみません、さっきUber Eatsで注文した者なんですけど、普通の辛さで頼んだ分が激辛で届いてて…」
店 「え!?すみません!!確認してお電話します!」

お店側も初めてのことで対応をどうするかが分からない様子。
Uber Eats始まって3日目ですもんね。仕方ない仕方ない。

 

待ちに待ったインドカレーのお味は?

激辛カレーが届いてしまったスタッフ以外、先にカレーをいただくことに。

さて、激辛はどんなもんかな〜!

 

 

 

 

 

 

 

辛ーーーーーーーーーーーーーー!!!!

想像以上の激辛!THE激辛!本当ーーーーーに辛い!
他のスタッフに試食してもらった所、2人とも大量に吹き出す汗…。

激辛かなり舐めてました…。
でも、辛い中に感じるインドカレーに旨味にスプーンが止まらず完食!
でもやっぱり激辛。火を噴く胃袋。その後2日、この激辛の余波を受けることとなりました…。

 

そんなこんなしていると、20分ほどしてお店から電話。

とても丁重なお詫びがあり、「今回のカレーは一旦キャンセルで返金処理になります。新しいカレーをお作りして配達しますが…。」と言っていただいたのですが、すでにカレーを調達済みだったため、新しいカレーはお断りしてキャンセルの処理だけお願いしました。

この電話から30分程でUber Eatsからメールでキャンセル・返金処理完了の連絡も入り一安心!

キャンセル処理はもっと時間がかかるものだと思っていただけに、この対応のスピーディーさには驚きでした。
Uber Eats恐るべし…。

 

Uber Eats頼んでみてどうだった?

なんだかんだのハプニング続きのUber Eats。

頼んでみた結果、私は満足でした!

どこのメニューもお店で食べるよりは割高なのかな?という気はしましたが、それはシステム料と思えば納得も出来るし、何より今までお店に行かないと食べられなかった料理がUber Eatsのおかげで手軽に届けてもらえるようになったのは、デリバリー好きとしては嬉しい所。

普段使いよりは、家でお祝いや誕生日パーティーをする時なんかに活用できそうだなと思いました!

今回配達してくれたTakeshi(仮)さん、平尾のジョティ(Jyoti)さんありがとうございました。

【平尾】リーズナブルに本格インド料理を食べられる【インドカレー専門店 Jyoti】
平尾の山荘通り沿い、サニー平尾店の斜め向かいにある【インドカレー専門店 Jyoti】!! リーズナブルに本格インド料理を食べるならココ!!!! カタールの3つ星レストラン「セベスタン パラス レストラン」のメインシェフとして 腕をふるってきたシェフ「パラ ジュリ」の本格インド料理をリーズナブルに堪能できる!! ナン、ライスが食べ放題なので、お腹一杯インド料理を堪能できるのが嬉しい!!

ジョティ(Jyoti)さん、本格的なインドカレーをお求めの方にはとってもおすすめです!辛いけど旨い!
お店にもぜひ食べに行きたいと思いました!!

 

そして、今度はUber Eatsで大好きな春水堂のタピオカミルクティーを配達してもらおうかと目論み中。(タピオカミルクティー1個だけ配達は迷惑だろうか…。)

通常は1注文ごとに380円がかかる配達手数料ですが、福岡では年末の12月31日まで無料キャンペーン中とのことです。
これはUber Eats注文するしかないですね!

みなさまもぜひ一度、Uber Eats試してみてはいかがでしょうか?

ヨカね!

この記事が面白かったらポチッってください!

関連記事

Contact