ALWAYS ON SSL PLAN
すべての企業向け|Google,Yahoo!JAPAN推奨【常時SSL化】でサイトセキュリティ強化

常時SSL設定代行プラン

検索エンジンのGoogleやyahooも常時SSL化(HTTP→HTTPS)が完了し、常時SSLは推奨から必須の時代になりました。

この度チルチルミチル®では、常時SSLの設定代行サービスをスタートしました。
サーバーの設定・リダイレクト処理・適切なコード修正〜確認・SEO計測ツールの再登録まで、迅速・確実な常時SSL化は私達にお任せください!

SSL 保護されていない通信

料金・作業内容

常時SSL化作業 1サイト
50,000円〜(税別)

弊社ホスティングのWEBサイトは
30,000円(税別)で対応いたします

※WEBサイトのボリューム・CMSの有無によって料金は異なります。
※SSL証明書取得費用、組み込み作業は追加費用となります。

チルチルミチル®は、福岡市のテレワーク促進サポーター企業に認定されています。
テレワーク環境を新たに構築される中小企業に対し、支援金を最大50万円支給するテレワーク促進のサポートを行っております。
このサービスは助成金の対象となりますので、ぜひこの機会に常時SSL化をご検討ください!
最大50万円支給|福岡市テレワーク促進サポーター企業に認定されました

<作業内容>
・サーバーのSSL化設定変更
・各ページの表示・プログラムのエラー・外部サービスとの連携を確認し修正
・http://へのアクセスをすべてhttps://に自動転送(リダイレクト処理)
・Google系ツール(Google Analytics・Search Consoleなど)への再登録

そもそも常時SSLとは?

インターネット上でのデータの通信を暗号化し盗聴や改ざんを防ぐ仕組みのことです。
以前はメールフォームや通販のカートなどの個人情報の通信傍受対策の為にSSL化を行っていましたが、
「常時SSL」は全ページの通信をSSLで行うようにすることです。
大きな特長はSSL化すると、ホームページのURL先頭が「http」から「https」になります。

常時SSLのイメージ図

常時SSL化のメリット

きちんと常時SSL化をすれば、WEBサイトのユーザーとサイト管理者の双方が恩恵を受けることができます。
安全なWEBサイトを提供することはサイト管理者の大切な責任です。

・セキュリティの強化
・SEOに良い影響を与える
・離脱対策!サイトの信頼性と安心感をユーザー与える
・アクセス解析の精度が上がる

詳細はこちらをご確認ください。
httpとhttpsの違いってなに?WEBサイトをhttps(常時SSL)にするメリットと注意点

注意事項・備考

サーバーがHTTPS(暗号化通信)に対応しているかご確認ください

レンタルサーバーによっては以下のようなケースがございます。
・HTTPSに対応していない
・共用SSL(Webサイトの一部ページを限定的にHTTPSにする)のみの提供
・無料SSL(HTTPS)に対応していない

これらの場合は、サーバーの移管または有料SSLのご契約が必要になります。
自社サーバーの場合でもHTTPSに対応しているかご確認ください。

WEBサイトに組み込まれている外部サービスへの影響

URLが変更されるため、FacebookやTwitterなどのSNSでの数値はリセットされます。
ただし、リダイレクト処理によってシェアされた”http://”のURLからのアクセスは”https://”に転送されます。

SSLに対応していない外部サービス、スクリプト、ファイルなどはブラウザ側でブロックされ非表示になります。
SSL非対応の広告を読み込んだままにしていると広告収入の減少を招く事態にもなります。
HTTPSに対応している同等の外部サービスへ移行を検討しましょう。
外部サービスの移行作業はお客様自身で行っていただきますが、設定のサポートはさせていただきます。

【Google Chrome仕様変更】「httpで読み込まれているコンテンツ」を段階的にブロックへ

PHPやPerlなどで構成されるプログラム(CMSなど)の常時SSL化について

WordPressやMovableTypeなどのCMSサイトはSSL化に伴う設定の変更作業をする必要があります。
古いプログラムやテーマやプラグインのHTTPSへの対応していない場合があるので確認をしましょう。

WEBサイトの管理者情報をご提供ください

常時SSL化にはサーバーのコントロールパネルとFTPから行う作業がございます。
また、CMSサイトの場合は管理画面からの作業も必要です。
これらの管理者情報の開示をお願いいたします。

その他

・常時SSL化直後は検索順位が一時的に変動する可能性がございますが順位の保証はいたしかねます。
・常時SSL化の作業を行ったサイトを非SSL状態に戻すことはできません。

Contact